女性

資金は十分に

安いからではダメ

女性

株式投資を行う時に陥ってしまうことがあります。株は一株から買えるものもあり100株や1000株など基準株数が決まっています。取引を行う時に準備したお金が少なかった時に初心者はなるべく安い株価の株を買って利益を出そうとします。そこで株価の安い1000株買ってもさほど資金を必要としない株に手を出してしまいがちになってきます。買ってみてもその株は大きく上がることも下がることもしません。大きく利益を出すことは不可能になってきます。株価が安い銘柄はそれなりに理由があります。それはその企業の業績が悪いからです。株価が伸びていくようなポイントがありませんので当然安くなっても大きく上がっていくということはありません。

新規上場を狙え

株価が安いと言って、資金の少なさから安い株価の株に手を出してしまうのが初心者です。株式売買に大切なのはその会社が伸びていくか落ち込んでいくかその情報次第です。しっかりと初心者の人は情報収集してから取引を行ってください。株式取引においては、確実に利益を出すことができるという方法はありませんが、上がる確率が大きくなるという方法はあります。それは新規で上場してくる企業の株式を買うことです。新しい会社が新規上場した時にはご祝儀相場と言って基準額より高値がつくことが多くなっています。ですから株式投資の初心者はこの新規上場した株を購入すると利益が出る確率がアップします。株式投資を行う人は普段から企業の情報を収集することをおろそかにしていてはいけません。